スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ChickHEN Homebrew Enabler R2

対策基板でもFW5.03が入っているPSPであればCFWを入れなくても自作アプリの起動が可能になります。
これを使えば、対策基盤でないPSPならPandora BatteyがなくてもCFWをインストールできます。
ちなみにこれは、FW5.03に存在するTiffの脆弱性を利用して起動しています。
機能
自作アプリの起動のみ。
そのほかの機能は公式と同じです。

必要な物
公式FW5.03が入っているPSP
・ChickHEN Homebrew Enabler R2

導入方法
1.まずChickHEN Homebrew Enabler R2をダウンロードして解凍します。
2.PSP-1000ならPHATフォルダPSP-2000or3000ならSLIMフォルダ内にあるChickHENフォルダをms0:/PSP/PHOTO/にコピーします。
3.メモリースティックのルートにh.binをコピーします。

起動法
1.まず[設定]→[本体設定]→[文字セット]で一番上のUSにし、念のため表示言語も英語に変更してください。
2.さっき入れたPHATフォルダかChickHENフォルダを開きます。この時画像を開いたりしてはいけません。そのまま何もしないでください。成功すれば画面がバグッたようになった後に自動で PSP が再起動します。
3.XMBの設定の、本体設定、本体情報を確認して「5.03 ChickHEN R2」と表示されたら成功です。


HENは電源を切るまで有効で(スリープモードは大丈夫です)一度電源を切った場合は元の公式FWに戻ります。もう一度HENを起動させたい場合は同じ手順を再実行してください。
また絶対成功するわけではないのでダメな場合設定をリセットするか何度か試してください。

コメントの投稿

非公開コメント

アナログ時計(黒)
管理人
当サイトはリンクフリーです。
相互リンク希望の方は、
最新記事等にコメント、
又はメールで教えてください。
メールフォームは下にあります
リンク
カテゴリ
最新記事
MicroAd
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。